トップページ > 環境への取り組み

環境への取り組み

バイオマスエネルギーについて

バイオマス(biomass)とは生物資源(bio)の量(mass)を表すことばで再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。
森林の樹木や落葉、麦わら、家畜の糞など、生物体を構成する有機物をエネルギー資源として利用するのが、バイオマス・エネルギーです。
主に、林業や木材の加工工場などから出る木の不要な部分などを粉砕して粉状にした後、圧縮・成型した固形燃料を使用します。
また、当社独自開発の(もみがらボイラー)では、稲作によって発生したもみ殻を活用して給湯・暖房ができる製品があります。

地球環境にやさしい

昨今の、化石燃料をはじめとするエネルギー資源や産業資源の枯渇や二酸化炭素などの温室効果ガスによる地球温暖化が危惧される中で、もっとも両者に好影響を与えることができるのはバイオマス・エネルギーの利用だと考えます。
木材等の森林資源は、植林や自然更新により永続的に供給可能な資源であり自動車や石油ストーブなど、石油を燃焼することで放出された二酸化炭素(温室効果ガス)を吸収するのは森林や植物です。
バイオマス燃料は植物由来であり生物がもともと成長過程で光合成によって空気中から取り込んだものであるため、これを燃焼しても結果として大気中の二酸化炭素量を増加させない。これを「カーボンニュートラル」といいます。
このため、石油や石炭などの化石エネルギーと比べて、地球環境に負荷をかけないエネルギーとして注目されています。

もみ殻燃料の特徴

画像1

廃棄物として処理されるもみ殻を燃料として使用するため、燃料費が「ゼロ」で使用できます。

また、燃焼後に排出された灰はくん炭として販売することも可能です。当社開発のもみがらボイラーではもみ殻を圧縮、成型することなくそのまま燃料として使用することができます。

ペレット殻燃料の特徴

画像2

間伐材や製材時に発生する木屑を利用することから森林等の自然環境にやさしく。

燃焼時の発生熱量が比較的高いため、主に暖房器具などに使用されます。木質ペレットは、25Kg程度で袋詰めされており、濡らさなければ長期の保存が可能で取扱いが容易です。

発生熱量の比較

※基準価格は平成23年9月の価格相場を参考にしています。

種類 単位熱量(Kcal) 基準単価(円) 熱量単価/1,000Kcal
電気 860/kWh 10/kWh 23.2円
灯油 8,700/L 90/L 10.3円
LPG 24,000/m3 663/m3 27.6円
ペレット 4,800/Kg 45/Kg 9.4円
もみ殻 3,888/Kg 0/Kg 0円

会社案内

〈製造元〉日本パーク株式会社

本社:
福岡県大野城市
御笠川2丁目7番6号
TEL(092)513-3322

〈総販売元〉日本ホープ株式会社

本社:
福岡県大野城市
御笠川2丁目7番6号
TEL(092)503-4200
福島営業所:
福島県須賀川市今泉
字町内291

〈お問合せ先〉福島営業所

TEL(0248)65-1231

fukushima@n-hope.co.jp

関連リンク